借入利息の計算方法を知ると頻繁な借り入れは危険とわかる

借入をすると借入残高が増えます。
つまりこれが今ある借金ということです。
借入残高は減らすものであって増やすものであってはいけません。
頻繁に借り入れをすると借入残高が減らずにいつまでも借金がなくなりません。
まずは利息の計算方法を覚えておきましょう。
利息がどのようにして加算されているのかを知ることで頻繁な借り入れが危険であることがわかります。
借入残高は減らすものであり増やすものではありません。
利息はこのようにして計算されています。
「借入残高×金利÷年間日数×利用日数」
返済日までの利息をこのようにして計算をしています。
完済までの期間、どれほどの利息を支払うのかという計算ではありません。
その月の返済日までに支払う利息です。
初めての借り入れから次回返済日までの利息、今回の返済日から次回返済日までの利息、このようにして返済日までの利息を計算していきます。
今回の返済が終わると借入残高が少なくなります。
すると次回の返済では計算式の一つの項目である借入残高が少なくなっていますので利息も少なくなるということです。
実際に計算をしてみるとわかりやすいでしょう。
10万円の借り入れを金利18.0%で行ったときです。
1回目の返済を30日後に行い、1万円を返済したとしましょう。
その時の利息は、借入残高10万円×金利18.0%÷年間日数×利用日数30日になりますので1,479円です。
1万円に1,470円に利息を加えるのではなく、返済額1万円の中から利息に充当される金額が1,470円です。
そのため実際に返済ができている金額、つまり借入残高へ充当されている金額は利息を差し引いた8,521円になります。
一度整理してみましょう。
・借入残高 10万円
・利用日数 30日
・適用金利 18.0%
この時の利息は1,479円です。
・返済額 1万円
・利息  1,479円
・借入残高充当額 8,521円
つまり、1万円を返済しても1万円全てが返済できているわけではなく実際に返済ができているのは利息を差し引いた8,521円ということになります。
そのため2回目の返済はこのようになります。
10万円−8,521円=9万1,479円が借入残高になります。
借入残高9万1,479円×金利18.0%÷年間日数365日×利用日数30日で利息は1,353円です。
返済額を1万円とすればそのうちの1,353円が利息に充当されています。
利息の計算方法はおわかりになったでしょうか。
返済をするたびに借入残高が少なくなり、次回以降の返済では同じ金額を返済しても利息の充当額が少ないため借入残高充当額が高くなります。
返済日ごとに計算していくことはなかなか面倒な作業です。
もう少し簡潔に考えることもできます。
計算式をみてみるとわかるように、確かに金利や借入残高も重要な項目ではありますが、一日分の利息を計算してそれに利用日数を掛けていることがわかるでしょう。
つまり一日分の利息を何日分支払うのか、それが問題だということです。
利用日数を少なくすることで利息の支払い額が少なくなり、結果として元金充当額が上がります。
そのため借入を頻繁に行っていれば利用日数は長くなる一方であり利息の支払額も増えていくことになります。
利用日数を極力抑えて返済をしていくことで利息を抑え効率の良い返済をすることができるでしょう。

住宅ローン前に消費者金融のキャッシングは整理する

これから先、住宅ローンを考えているというのであれば消費者金融からのキャッシングは慎重に考える必要があります。
住宅ローンなど大型融資で長期の返済になる場合には、現在の他社からの借り入れは大きな影響を与えることになります。
そのため、一度個人信用情報機関に照会をして履歴を確認しておくことも大切です。
消費者金融に申し込みをした、それだけでも個人信用情報機関では6か月間記録が保有されます。
審査に通らず契約ができなかった場合でもです。
完済をしても解約をしなければ保有され続ける情報となり、解約をしてから5年間は保有されています。
個人信用情報機関へは情報開示請求を行うことができます。
自分の債務履歴を確認してみるとよいでしょう。